下水道管更生工法とは?

近年、下水道施設の老朽化が進み、機能の低下や道路陥没の要因となっていることなどが問題となり、その維持管理・更新改築が重要視されるようになりました。
このような何らかの処置が必要な管渠の改築・補修をする場合、掘削せずに非開削で改築・補修する更生工法が活用されています。当社は各管更生工法協会に加盟し、効率的なインフラ整備を行っています!

 

民間工場内等の環境問題に留意した排水管に対する計画的維持管理(受水槽の設置、排水管の清掃、点検、調査、補修)をトータル的にサポートさせて頂きます!

 

 

 

FFT工法協会

光硬化工法協会

ポリエチレンライニング工法協会

日本スナップロック協会

神戸新聞に掲載

神戸新聞に「市内下水管35%老朽化」と掲載されています。
耐用年数50年を経過した下水管が増加、管のヒビ割れによる土の流入や、腐食による道路の陥没も年間で30ー50件、起きています。この更新工事にライニング工法(管更生工法)が使われいます。
道路を掘り返して管ごと交換するのではなく、特殊素材を注入し、内側に厚さ数センチの新しい管を作ります。
市内での管更新工事では掘削することが無いので復旧も早くでき、工期圧縮、コストの削減にもなります。