大切なあなたの土地(地盤)は大丈夫ですか?

当社の工法が日経スペシャル「ガイアの夜明け」で取り上げられました。
当社の工法が日経スペシャル「ガイアの夜明け」で取り上げられました。

住宅建設で軽視しがちな地盤問題!今や社会問題です!

既存の地盤改良で起こる3つの問題

 

①環境汚染問題

 セメントを使った地盤改良だと、人の健康や自然環境に悪影響を及ぼす非常に危険な発ガン性物質「六価クロム」が発生する可能性があります。2003年2月15日に土壌汚染対策法が施行されました。この法律によると、もし汚染物質「六価クロム」が発生してしまったら、土地の所有者である皆様は、その汚染物質の浄化義務を負うことになります。

②資産目減り問題

2003年1月1日より適用された土地評価に関する方針に関して、お聞きになられたことはおありでしょうか?土地の鑑定時に「土壌汚染」「埋設物」の有無をチェックし、もし発見されれば、土墳汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて算定されるというものです。今では大型物件を中心に適用が開始されています。

③品質不良問題

従来の地盤改良工法では、地盤の腐食土との相性を考慮せずにセメント系固化材を使用し、固結不良を起こしてしまうケースがあります。時には支持地盤の起伏を考えずに、事前調査による想定設計に基づいて施工されることも…。 また、公共工事では当たり前のように施工後の性能検査を実施しているのに対し、民間工事ではほとんど行われていません。住宅保証機構等の機関も、こうした従来工法の問題点を指摘しています。 また、地震のときに非常に恐ろしい液状化現象ですが、過去の大型地震の結果から「砂や砂利を入れることによる締め固め」か「排水」のいずれかしか液状化対策はないと言われています。

 

 


ハイスピード工法で問題解決!


硬化剤を一切使用しない天然砕石のみを活用した地盤改良の新工法です。地盤に孔(あな)を堀り、その孔に砕石を詰め込んで石柱を形成します。まさに天然素材のみを使った、人・環境に優しく、とても強い軟弱地盤の地盤改良工法です。
空港の滑走路などの大型工事で採用されているサンドコンパクション工法やバイブロフローテーション工法を、宅地用に施工機器を小型化してローコスト化に成功した工法です。


HySPEED工法の特徴ベスト9

1.地震時の衝撃に強い
砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。
2.環境貢献工法
天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。
3.産廃費用が発生しない
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

4.リユースで地球に貢献
将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。

5.唯一の液状化防止工法
地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により阻止します。

6.パーフェクトな工事保証
従来の改良工事より施工費が安く、しかも20年間の保証が付いています。
・工事保証/引き渡しから20年間まで。
・保証金5,000万円まで。

7.CO2を5,000Kg削減
砕石しか使わないことにより他の工法に比べCO2の排出を少なくします。
・平均的な住宅(建坪20坪程度)1戸分の施工で5,000kg削減。

8.無公害工法
今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工ができます。

9.遺跡になる工法
セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

地盤全体で作り出す強度
直径400mmで掘削し、天然砕石を投入します。砕石を投入するごとにハンマーで圧力をかけて、掘削した壁に砕石をくい込ませていきます。最終的には直径450mmほどの砕石杭が何本もでき、杭周辺の地盤も圧密が促進されるので、地盤全体がマイホームを支える強度を備えることになります。
さらに、改良工事の終了後に、設計荷重の3倍で平板載荷試験を行います。これにより仕上がりの強度が確認できるので、安心できます。また、保険会社の保証も受けられます。